フロモックス欲しい

フロモックスを通販で購入したい方におすすめのサイト♪

フロモックスが欲しい!フロモックスが市販で買えるおすすめの海外の通販(個人輸入)はこちら

フロモックスを市販で買いたい方におすすめの通販はオオサカ堂です。
オオサカ堂ではフロモックスと同じセフェム系の抗生物質のセフィキシム100rを購入することができます。
値段は1箱100錠で3,395円(送料無料)です。

商品名:Milixim(セフィキシム Cefixime100mg) 【1箱100錠】セフィキシム
販売価格:3,395円
送料:無料
製造メーカー:Glenmark Pharmaceuticals Ltd
販売サイト:オオサカ堂

 

>>フロモックスと同じ系の抗生物質の購入はこちら

 

フロモックスも購入できる

フロモックスも海外の個人輸入代行サイト(ファミリーファーマシーグローバル)で購入できますが、値段が少し高いです。

商品名:フロモックス錠100r
値段:20錠 4,290円
    50錠 8,560円
    100錠 15,170円
送料:無料
製造メーカー:塩野義製薬株式会社
販売サイト:ファミリーファーマシーグローバル

 

>>フロモックス錠100r 20錠の購入はこちら
>>50錠の購入はこちら
>>100錠の購入はこちら

 

日本製のジェネリック品(セフカペンピボキシル塩酸塩錠)も通販(個人輸入)で買える

 

大きさが75rで50錠のセットしかないのですが、、、
そういう意味ではそんなに割安ではないですね。

 


商品名: セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「トーワ」 50錠(10錠×5)
販売価格:6,140円
送料:無料
発送元:シンガポール
製造元:東和薬品株式会社
販売サイト:ファミリーファーマシーグローバル

 

>>セフカペンピボキシル塩酸塩錠の購入はこちら

 

オオサカ堂とは

 

オオサカ堂は海外(香港)にある個人輸入代行サイトです。
発送は香港やシンガポールなどから発送されています。

 

フロモックスの市販の代替品はないのか

 

フロモックスは抗生物質で処方箋が必要な医薬品なので市販品で代替品は無いようです。

 

フロモックス以外(ジスロマックなど)の抗生物質も買えるか

 

ジスロマック、クラビットなどの抗生物質も海外の個人輸入で買えます。
名前、成分名、一般名をオオサカ堂の検索窓に入れて探してみるといいと思います。
また、オオサカ堂で扱っていなくても他の個人輸入代行サイトで扱っていることもあるので、商品名+個人輸入、商品名+通販などでGoogle検索をしてみるといいかとも見ます。
中には値段が高い個人輸入代行サイトもあるので、数社比較してみるといいかと思います。

 

 

フロモックスの効果と副作用は

 

フロモックスの効果と副作用を確認するなら添付文書を確認するのが正確です。
添付文書はこちらで見ることができます。

 

フロモックス錠100mgの効能・効果
1.表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症。
2.外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍。
3.咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染。
4.膀胱炎、腎盂腎炎。
5.尿道炎、子宮頚管炎。
6.胆嚢炎、胆管炎。
7.バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎。
8.涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎。
9.外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎。
10.歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎。

 

 

副作用は次のように書かれています。

 

承認時における安全性評価対象例3,207例中、副作用は111例(3.46%)に認められた。また、臨床検査値の異常変動は、検査を実施した安全性評価対象例2,458例中、199例(8.10%)に認められた。再審査終了時における安全性評価対象例5,766例中、臨床検査値の異常変動を含む副作用は149例(2.58%)に認められた(副作用の発現頻度は承認時、再審査終了時の成績に基づく)。

 

1.重大な副作用
1)ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、呼吸困難、血圧低下等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2)急性腎障害:急性腎障害等の重篤な腎障害が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
3)無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血:無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
4)偽膜性大腸炎、出血性大腸炎:偽膜性大腸炎、出血性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う。
5)中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、紅皮症(剥脱性皮膚炎):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症(剥脱性皮膚炎)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
6)間質性肺炎、好酸球性肺炎:間質性肺炎、好酸球性肺炎が現れることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難等の症状が現れた場合には投与を中止し、速やかに胸部X線検査、速やかに血液検査等を実施し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。
7)劇症肝炎、肝機能障害、黄疸:劇症肝炎等の重篤な肝炎、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al-P上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
8)横紋筋融解症:筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症が現れることがあるので、このような場合には、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う。
2.その他の副作用
1)過敏症:(0.1〜3%)発疹、(0.1%未満)蕁麻疹、そう痒感、発赤、紅斑、腫脹、発熱、(頻度不明)関節痛[症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。
2)血液:(0.1〜3%)好酸球増多、顆粒球減少、(0.1%未満)貧血(赤血球減少、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少)、血小板減少。
3)肝臓:(0.1〜3%)ALT上昇(GPT上昇)、AST上昇(GOT上昇)、LDH上昇、(0.1%未満)Al-P上昇、γ-GTP上昇、(頻度不明)黄疸。
4)腎臓:(0.1〜3%)BUN上昇、(0.1%未満)蛋白尿、血尿、クレアチニン上昇、浮腫。
5)消化器:(0.1〜3%)下痢、腹痛、胃不快感、胃痛、嘔気、(0.1%未満)嘔吐、食欲不振、便秘、口渇、口内しびれ感。
6)菌交代症:(0.1%未満)口内炎、(頻度不明)カンジダ症。
7)ビタミン欠乏症:(頻度不明)ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等)。
8)その他:(0.1〜3%)CK上昇(CPK上昇)、(0.1%未満)眩暈、頭痛、アルドラーゼ上昇、倦怠感、眠気、心悸亢進、(頻度不明)四肢しびれ感、筋肉痛、血清カルニチン低下。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る